1. TOP
  2. 国立公文書館「ふらっとツアー」でバックヤードを探検!「翔べ 日本の翼―航空発達史―」が7月8日まで開催中✈️

国立公文書館「ふらっとツアー」でバックヤードを探検!「翔べ 日本の翼―航空発達史―」が7月8日まで開催中✈️

IMG_3209

国立公文書館は、公文書を保存し、研究者も含め一般の人達に公開する機関です。

大日本帝国憲法や日本国憲法の原本・玉音放送の原稿も、厳重に地下の書庫・金庫に保管されています。

国の重要文化財指定の国絵図や貴重な公文書など、100万冊以上の資料が保存管理されています。

これらの資料は閲覧室において一般の人達が誰でも利用できます。

また、国立公文書館の公式サイトからデジタルアーカイブで見ることもできます。

たまたま、訪れた日が月に1度の「ふらっとツアー」の日でした。

NHKのTV番組「バクモン」でも、国立公文書館が取り上げられ放送されました。

普段は入れないバックヤードの探検ツアーに遭遇し、貴重な体験ができました。

 

「ふらっとツアー」

IMG_3204

「ふらっとツアー」は、普段入れない書庫や修復室、閲覧室を探検するバックヤードツアーです。

定員先着10名。

15:00、入口に集合。

階段で地下1階に下り、靴を脱いで用意されたスリッパに履き替え。

さらに地下2階の書庫まで移動。

書庫

 

紙にとって一番の大敵は「人間」や「虫」!

書庫は、紙の変色や劣化を防ぐため一定の数値を保つ環境でライトはつけず真っ暗でした。

紙にとって、温度22℃・湿度55%が最適の環境!

書庫に入ることはできませんでしたが、ドアの外から顔だけ覗き込み、中は広くてびっくり!

ほのかに虫よけの薬剤の匂いが・・・。

さらに地下3階へ移動。

修復室

 

紙の劣化を修復する人達が、細かい作業に集中しているのを見学。

【紙を修復する方法】
♦細かい穴が開いている部分に和紙を張り付けていく。
♦全体に1枚の和紙を張り付ける。
♦両面に和紙を張り付ける。(0.02mmの厚さ)

10名の女性で修復作業をしているそうです。

エレベーターで2階へ移動。

閲覧室

 

一般の人が誰でも閲覧室で資料を利用できます。

資料を自分のカメラで撮影することができます。(フラッシュは禁止)

「終戦詔書」

IMG_3214

1階の常設コーナーには、「日本国憲法」・「終戦詔書」・「大日本帝国憲法」のレプリカが展示されています。

「ふらっとツアー」の最後に、「終戦詔書」の説明がありました。

「終戦詔書」の説明

玉音放送が終戦を告げた際の文章は、政府の中で激論が繰り広げられ7回も書き直されたもの。

写真の「終戦詔書」の右から5行目は、一旦書いた文字が、削り取られていて、そのあとに、別の字を書き直している。

これは、元の文章で、『戦局日に非なり』となっていたのを『戦局必ずしも好転せず』に書き換えたものである。

終戦(敗戦)を受け入れざるを得ない根拠を、『戦局がますます悪化している』ためとするか、『戦局が必ずしも思うように好転しない』ためなのかが閣議で激論になったという。

特に、陸軍省の阿南大臣(この人は、その後、自刃している)が強硬に反対したという。
『日に非なり』であれば、戦局が悪い状況であることは、もともと『わかっていたこと』(だが、国民には隠し続けていたこと)が自明になってしまう表現だ。
『必ずしも好転せず』だと、『良くなると思っていたのにならなかった』ということなので、必ずしも国民を『確信犯』的に騙していたということにはならない。

阿南大臣としては、陸軍内に強硬派が存在し、場合によっては『クーデター』を起こしかねない勢いであったため(実際、小規模の『クーデター』めいた反乱は起こっている)、それを刺激しないためにも、『日に非なり』という表現は、絶対に受け入れたくなかったということだという。

日本国憲法は、大日本帝国憲法と比べると紙の質は良くなかった。紙の質から、この時代がいかに困窮していたかが分かるとのこと。

 

平成29年度 第1回企画展「翔べ 日本の翼―航空発達史―」

IMG_3205

日本に飛行機が導入されたのは明治時代末でした。
大正時代から昭和戦前・戦後にかけて、航空に関する制度や人物に関する資料を展示し、日本の航空が辿った歴史が紹介されています。

 

展示のアルバム

IMG_3118

IMG_3123

IMG_3145

IMG_3147

IMG_3156

戦後初の国産旅客機YS-11

IMG_3159

東京オリンピック聖火輸送(1964年)

IMG_3160

オリンピック国内聖火空輸団

IMG_3161

日本航空客室乗務員

IMG_3165

日本航空機内サービス

IMG_3166

IMG_3167

IMG_3168

IMG_3188

IMG_3186

昭和14年(1939)頃の主な航空路

IMG_3185

 

IMG_3200

IMG_3199

航空史に残る人々

モンゴルフィエ兄弟

IMG_3191

兄ジョセフ・ミシェルと弟ジャック・エティエンヌは、熱風が当たった洗濯物がうねってポケット状になることにヒントを得て、熱気球を発明した。1783年、兄弟は人類史上初めて、熱気球の有人飛行に成功した。(肖像画はジャック・エティエンヌ)

ライト兄弟

IMG_3192

アメリカの動力飛行機発明者、世界初の飛行機パイロット。兄のウィルバー(右)、弟のオービル(左)は、リリエンタールのグライダーによる実験に影響を受け、兄弟で自転車店を経営しながら飛行機の開発に打ち込む。リリエンタールの死後、兄弟は飛行機を完成させることを決意し、1903年、12馬力のエンジンを搭載した「ライト・フライヤー」号を制作、人類初の動力飛行機で空を飛ぶことに成功した。

チャールズ・リンドバーグ(1902~1974)

IMG_3194

アメリカの飛行家。1927年、単発単葉単座の飛行機「スピリット・オブ・セントルイス」でニューヨーク・パリ間を飛行し、大西洋単独無着陸横断飛行に成功した。リンドバーグは世界的な人気を博し、多くの本や映画が製作された。
1931年には、夫妻で北太平洋横断飛行を行い、アラスカ、アリューシャン列島を経て、中国大陸へ向かう途中、日本に立ち寄っている。

展示会情報

【会期】
平成29年5月27日(土)〜7月8日(土)

【開館時間】
月〜土曜日
午前9時15分~午後5時00分
 ※日曜、祝日は休止

【会場】
国立公文書館 本館

【入場料】
無料

「国立公文書館」情報・アクセス

詳しくはこちら
国立公文書館公式サイト
東京本館

【住所】
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園3番2号

【電話】
03-3214-0621(代表)

【アクセス方法】
東京メトロ東西線竹橋駅下車[ 1b出口] 徒歩5分
国立公文書館

 

\ SNSでシェアしよう! /

60代からの遊び方の注目記事を受け取ろう

IMG_3209

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

60代からの遊び方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

natty

natty

私は、旅大好き・冒険大好きな超アクティブおばちゃんです。
「発見・出会い・刺激」を求めて、全国どこにでも飛んで行きます。
基本はきままな一人旅。時には旅友と一緒に女子旅に出かけたり。
旅に出る方も、また、なかなか出かけられない方も、このブログで一緒に旅を楽しんでいただけたら嬉しいです。

この人が書いた記事

  • CCA1D536-4978-46EC-BBE5-F139C24ACBA9

    隅田川テラスの桜も咲きはじめました🌸

  • B694E5CF-B740-4B21-9921-B5647B9BBD1E

    日本橋界隈で見つけた桜🌸室町テラスでは老若男女がストリートピアノ演奏~♬~

  • D72CE287-EE40-407B-86E9-75075D01CB42

    『桜2020』開花情報!小石川後楽園のシダレザクラは3本満開です🌸(3月18日現在)

  • 7525595C-6F2D-437E-A67D-56258B6B5A77

    増上寺のシダレザクラと東京タワーのコラボがきれいです🌸

関連記事

  • IMG_4533

    芝山はにわ道を通り芝山仁王尊・芝山はにわ博物館へ日帰りドライブ! 

  • bfed8908-57ee-4d7e-b134-b3f54fca7947

    東急プラザ銀座「キリコテラス(KIRIKO TERRACE)」から銀座エリアを一望!銀座の空中オープンテラスで寛ぎのひと時を!

  • 92D5F29F-50F3-4792-946E-5490B3C84AE5

    葛西臨海公園から眺める富士山の夕陽は絶景!

  • IMG_3569

    新潟「市内観光」へ日帰りの旅🚄『大人の休日倶楽部パス』で行く新幹線乗り降り自由の旅🚄

  • 58C639B0-A19B-40A6-B4F8-3273A2921968

    静かな皇居東御苑・ビジネスマンがいない丸の内界隈をぶらり散歩!

  • IMG_9221

    新宿御苑はまだまだ桜花爛漫🌸多国籍の人達がお花見を楽しんでいます🌸2017.4.12撮影