1. TOP
  2. 京の夏の旅2017!京都東山の大舞台「将軍塚青龍殿」から京都市内を一望!

京の夏の旅2017!京都東山の大舞台「将軍塚青龍殿」から京都市内を一望!

IMG_5213

京都で舞台と言えば「清水の舞台」ですが。

2014年、「将軍塚青龍殿」に清水寺の舞台の4.6倍の広さ(延面積:1046㎡)の木造大舞台ができました。

この舞台からの眺めは京都市内を一望できる180°の大パノラマ!

比叡山から連なる山並み、鴨川、京都御所、京都市街中心部・・・。

大文字の送り火もすべて眺めることができます。

舞台の真ん中には、ガラス張りの茶室がありました。

さすがに、真夏のこの時期、茶室に入ると熱中症で倒れてしまいそうですが。

「将軍塚青龍殿」の大舞台は、京都盆地を一望するのにおすすめのスポットです。

 

<スポンサーリンク>

 

青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)

青蓮院(しょうれんいん)は、京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院。
青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)とも称する。
山号はなし。
開基(創立者)は伝教大師最澄、本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)である。
日本三不動の1つ国宝「青不動」のある寺としても知られる。

「門跡寺院」とは

皇室や摂関家の子弟が入寺する寺院のことであり、青蓮院は多くの法親王・入道親王(皇族出身で親王の称号を与えられた僧侶)が門主(住職)を務め、格式を誇ってきた。
江戸時代に仮御所となったことがあるため「粟田御所」の称もある。

青蓮院門跡の詳しい情報は⇒こちら

 

将軍塚青龍殿

IMG_5238

寺の南東、東山の山頂に位置し、青蓮院の飛び地境内となっている。
桓武天皇が平城京遷都にあたり、王城鎮護のため将軍の像を埋めた所と伝え、京都市街の見晴らしがよい。
ここにも庭園があり、春・秋には夜間拝観が実施される。
2012年より大護摩堂「青龍殿」建立工事が行われ、2014年10月4日に半田孝淳天台座主を大導師として青龍殿落慶青不動明王開眼法要が行われた。
これに併せて10月8日~12月23日まで、国宝青不動明王のご開帳と、青龍殿の一般公開が行われた。
これまでも将軍塚の横に展望台があったが青龍殿の北に京都盆地を一望できる舞台も併せて設置された。

青龍殿

IMG_5210

平成26年10月、京都東山山頂に大護摩堂「青龍殿」を建立、落慶。

青龍殿とは、奈良大仏殿のおよそ横幅半分の木造大建築物で、国宝 青不動をお祀りする建物です。青蓮院では、この国宝 青不動を初めて奥殿に安置し、精密な複製画を通じておまいりすることが可能となりました。

大舞台

IMG_5211

青龍殿には清水寺の舞台の4.6倍の広さ(延面積:1046㎡)の木造大舞台を新設。眼下に京都市内が一望でき、西展望台からは京都市内のみならず、大阪のビルまで遠望できます。

IMG_5212

IMG_5213

IMG_5215

IMG_5217

ガラスの茶室

IMG_5221

ガラスの茶室をデザインした吉岡 徳仁(よしおか とくじん)氏は、プロダクト、建築、空間などのデザイナー(1967生まれ)。

『日本人の自然美に関心を抱く吉岡は、エネルギーやオーラのようなものを空間から知覚する、日本独自の自然に対する解釈とその空間性に着目した。

このような本質的な自然美の知覚化は、日本古来から受け継がれてきた茶道における思想にも通底している。

「光庵」の透明なガラスで構築された茶室という小宇宙的な空間から、自然の要素を感知し、自然と一体化することで、日本の思想・文化の原点を見ることができるのではないだろうか』(茶室の解説より)

 

<スポンサーリンク>

 

将軍塚の由来

IMG_5224

桓武天皇は都を奈良から京都の南方、長岡に移されましたが、いろいろと事故が続きました。この時、和気清麻呂は天皇をこの山上にお誘いし、京都盆地を見下ろしながら、都の場所にふさわしい旨進言しました。天皇はその勧めに従って延暦十三年(794年)、平安建都に着手されました。

天皇は、都の鎮護のために、高さ2.5メートル程の将軍の像を土で作り、鎧甲を着せ鉄の弓矢を持たせ、太刀を帯させ、塚に埋めるよう命じられました。これが、この地を「将軍塚」と呼ぶ由来です。
この「将軍塚」は、国家の大事があると鳴動したという伝説が、源平盛衰記や太平記に残されております。また、延元年間(1338年頃)には新田義貞がここに陣を敷いて足利尊氏の軍を敗り、また近くは太平洋戦争にここが高射砲の陣地にもなりました。将軍塚は、「強者どもが夢の跡」でもあります。

近代では、東郷元帥、黒木大将、大隈重信、菊地大雪等のお手植えの松と石柱があり、 往時の偉人達が訪れ、ここから京の都を一望して日本の将来に思いを馳せたことが偲ばれる由緒ある場所です。

庭園

IMG_5236

展望台に続く庭園には、紅葉(約220本)、桜(約200本)、源平垂れ桃、藤、シャクナゲ、サツキ等が植えられ、特に紅葉、桜の名所となっています。

秋季と春季にはライトアップが催されます。

また、青龍殿庭園は回遊式庭園に枯山水庭園を取り込み、室町時代、すなわち日本庭園が技術的にも芸術的にも最も優れた時代の手法を用いて作庭されたもので、一見して作庭者の企図とする着想が庭の隅々まであふれている野心作です。また、東屋からの将軍塚、西山の遠望は見事な借景庭園の一例です。

IMG_5234

IMG_5235

拝観案内・アクセス

拝観案内

拝観時間

●午前9時より午後5時まで(午後4時30分受付終了)
●拝観所要時間は、約30~40分程度です。
●秋季と春季には日没よりライトアップが始まります。開催期間は、お問い合わせください。

拝観料
大人 500円
高校生 400円
中学生 400円
小学生 200円

交通アクセス

●三条通蹴上より五条通に通じる東山ドライブウェイの頂上から将軍塚へ至る。
●大型バスは青龍殿福徳門内にて下車後、市営無料駐車場に駐車。
●京都駅よりタクシー 約20分 青蓮院よりタクシー 約10分。
●タクシー、普通自動車は、青龍殿福徳門内に駐車可。

循環バス・ピストンバス(青龍殿⇔三条京阪)

料金:大人230円 小人120円均一
運行日:京阪バスが、年間土・日・祭日、11月は毎日運行、および4月、5月の連休運行
京阪バス時刻表はこちらから

 

京都でホテルを探すなら⇒Booking.com

 

循環バス・ピストンパス時刻表はこちらから

<スポンサーリンク>

\ SNSでシェアしよう! /

60代からのハチャメチャ旅行記の注目記事を受け取ろう

IMG_5213

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

60代からのハチャメチャ旅行記の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

natty

natty

私は、旅大好き・冒険大好きな超アクティブおばちゃんです。
「発見・出会い・刺激」を求めて、全国どこにでも飛んで行きます。
基本はきままな一人旅。時には旅友と一緒に女子旅に出かけたり。
旅に出る方も、また、なかなか出かけられない方も、このブログで一緒に旅を楽しんでいただけたら嬉しいです。

この人が書いた記事

  • F7B1441E-900E-4DE4-954C-442FBCAC6DEB

    東京丸の内散歩!ラグビーベンチでチコちゃんとちょっとひと休み・・。

  • 546437FD-9878-45C1-BAA8-B04FC00C4680

    銀座の建築物をiPhoneで撮影!フ⁠ォ⁠ト⁠ウ⁠ォ⁠ー⁠クはおもしろい! “Today at Apple” のセッションに参加!⁠

  • 85A196DB-372C-48FF-BD00-5268FF70B567

    『知覧特攻平和会館』を訪ねて!世界平和を願って・・!女子旅~鹿児島編~

  • FEC852FE-F576-4E09-8186-D0A9681E6D02

    姶良(あいら)市の観光スポット!蒲生の大クス・龍門滝・龍門司坂・嘉例川駅を巡る!女子旅~鹿児島編~

関連記事

  • IMG_5200

    京都旅行!新選組発祥の地「金戒光明寺」へ往く!

  • 546437FD-9878-45C1-BAA8-B04FC00C4680

    銀座の建築物をiPhoneで撮影!フ⁠ォ⁠ト⁠ウ⁠ォ⁠ー⁠クはおもしろい! “Today at Apple” のセッションに参加!⁠

  • IMG_6325

    浜離宮は菜の花が見頃!梅と菜の花と東京タワーのコラボを楽しもう!

  • IMG_5655

    三浦半島最南端『城ケ島公園』へ日帰りドライブの旅!風光明媚な岩礁が美しい公園!

  • IMG_3569

    新潟「市内観光」へ日帰りの旅🚄『大人の休日倶楽部パス』で行く新幹線乗り降り自由の旅🚄

  • IMG_9221

    新宿御苑はまだまだ桜花爛漫🌸多国籍の人達がお花見を楽しんでいます🌸2017.4.12撮影