1. TOP
  2. チェコ旅行記:『プラハⅠ』・美しすぎるプラハ城とカレル橋を往く♪♪

チェコ旅行記:『プラハⅠ』・美しすぎるプラハ城とカレル橋を往く♪♪

2017/12/08 チェコ 海外旅行編
962 Views
untitled

ウィーンに別れを告げ、今日はプラハへ移動です。

ホテル⇒ウィーンインターナショナルバスターミナル8:00発⇒プラハ12:00着⇒地下鉄でホテルへ⇒トラムでマラーストラエリアへ⇒トラムでプラハ城⇒トラムでカレル橋⇒ボート乗船⇒カレル橋散策⇒旧市街広場(マラカスおじさん)⇒スーパーテスコ⇒ホテル

 

ウィーンインターナショナルバスターミナルから8:00発のバスでプラハ・フローレンツ・バスターミナルへ(12:00着)。

プラハはウィーンとは、また違った雰囲気・空気感・・・。

ウィーンは都会的。プラハは庶民的な感じがします。

プラハは、ザルツブルクやウィーンとはスケールが違う中世の街並みです。

1000年の歴史を持つプラハの街。

歴史的な建物が数多く残っている芸術の街。

「スラブ叙事詩」で有名なミュシャの街。

20世紀を代表する作家「フランツ・カフカ」の文学の街。

スメタナの交響詩「わが祖国」が流れる音楽の街。

街全体が赤レンガの屋根。

どこを歩いても中世の街にタイムスリップしたような錯覚に陥ります。

街のあちこちでストリートライブを見かけ、

ミュシャやカフカが、今もなおプラハ市民から愛され、

すべての芸術がプラハ市民の日常に息づいているのを肌で感じます。

暗黒の時代や弾圧・革命の歴史を乗り越えた人々の街。

プラハの街は、ほんとに美しい~!

プラハ城

untitled

プラハ城は、世界で最も古くて大きなお城です。

9世紀から建設がはじまり、ボヘミア王国が繁栄を極めた14世紀に現在の姿となりました。

1346年にボヘミア王カレル4世が神聖ローマ帝国の皇帝となり、神聖ローマ帝国の首都はプラハに移されました。

プラハ城の拡張や、中欧初の大学「カレル大学」の創立、カレル橋の建設などが行われ、ローマやコンスタンティノープルと並ぶ、ヨーロッパ最大の都市にまで急速に発展しました。

プラハ城は、聖ヴィート大聖堂や旧王宮・黄金小路の家々など多くの建築物の集合体です。

これらの建物は、それぞれ異なる建築様式でつくられています。

ロマネスク様式やゴシック様式、バロック様式、ルネサンス様式など、様々な建築様式の美を目の当たりにすることができます。

聖ヴィート大聖堂

聖ヴィート大聖堂は、プラハ城の内側に位置し、多くのボヘミア王のお墓があります。

この大聖堂はゴシック建築の代表作であり、チェコで最も大きくて重要な教会です。

untitled

プラハ城の北門へ続く道から、聖ヴィート大聖堂の裏側が見えました。

untitled

あまりに壮大すぎて、カメラにおさまりません。

堂々たるゴシック建築に圧倒されます。

正面に82メートルの二本の塔、中ほどに99メートルの鐘楼が立っています。

image

大聖堂の内部は、天井の高さ34メートル、幅60メートル、奥行き124メートルの大空間です。

外観にも圧倒され、内部の大空間もみごと!

untitled

ステンドグラスの模様がおもしろい!

 

image

ミュシャが手掛けたステンドグラスは必見です!

写真の写りはイマイチですが、実物は繊細で色彩が絵画のように美しい~!

中央の赤い服を着た少年は、チェコの守護聖人・聖ヴァーツラフ。

ミュシャの息子イジーをモデルにして描いたという逸話があります。

2017年、ミュシャの「スラブ叙事詩」が日本にやってきました。

「スラブ叙事詩」も、プラハの民衆ひとりひとりがモデルでした。

「スラブ叙事詩」についての詳細はこちらから

旧王宮

image

▲旧王宮ヴラディスラフ・ホール

天井の模様が複雑できれいです!

16世紀完成当時は、ヨーロッパ最大のホール。長さ62m、横16m、高さ13m。

舞踏会、戴冠式の祝宴、室内乗馬競技などが行われた場所です。

黄金小路

image

プラハ城の中に、「黄金小路」と呼ばれる地区があります。

カラフルで小さな家が並んでいます。

今は、お土産物店になっていますが。

この通りの名前の由来は、「錬金術師」が住んでいたからだと言われています。

作家フランツ・カフカも、一時ここに住んでいました。

カレル橋

image

▲カレル橋はヴルタヴァ川に架かるプラハ最古の橋です。

神聖ローマ皇帝カール4世の治世下1357年に建設が始まり1402年に完成しました。

かつては、旧市街とプラハ城を結ぶ、交通の要として重要な橋でした。

untitled

ボートよりカレル橋を望む

image

image

▲16連のアーチ、長さ約516m、幅約10mの橋の欄干には30体の聖人像が並んでいます。

なかには日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエル像もあります

B3D249F0-3568-4856-9773-4121A9CDF2E8

橋の上は多くの露店が並び、観光客で賑わっています。

D480EEFC-0A18-45D8-BB23-863C4B0D8FA8

また、大道芸やグラスの演奏をするおじさんが印象的♪♪

untitled

untitled

カレル橋から見たプラハ城は、なんとも美しい!

ボートから見たカレル橋とプラハ城は、さらに絶景!

ヴルタヴァ川を眺めていると、スメタナの交響詩「わが祖国」:モルダウが頭の中に流れてきます♪♪

プラハは、ほんとに美しい街でした・・・。

プラハの歴史・地理についての詳細はこちらから

 

\ SNSでシェアしよう! /

60代からのハチャメチャ旅行記の注目記事を受け取ろう

untitled

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

60代からのハチャメチャ旅行記の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

natty

natty

私は、旅大好き・冒険大好きな超アクティブおばちゃんです。
「発見・出会い・刺激」を求めて、全国どこにでも飛んで行きます。
基本はきままな一人旅。時には旅友と一緒に女子旅に出かけたり。
旅に出る方も、また、なかなか出かけられない方も、このブログで一緒に旅を楽しんでいただけたら嬉しいです。

この人が書いた記事

  • 808AD5F1-0CB6-4330-B8C1-F0F3827FC4E3

    「聖路加ガーデン」おすすめランチ!コスパ&眺めのいいスカイレストラン!

  • 1CD1D581-9C02-4F38-8CB4-35CCCDBE2DDD

    行きあたりばったり東京散歩!(Jan.2021)

  • 4847D2F7-3EAE-476C-A395-8E7743C42844

    しまなみ海道サイクリング!ぶっとびおばちゃん二人、サイクリストの聖地を走破!

  • 12114312-687A-4BEB-A399-F6B8E5FF8868

    三島スカイウォークへ行ってみた!富士山・駿河湾・伊豆の山並みを一望!

関連記事

  • untitled

    オーストリア旅行記:『ウィーンⅠ』・シェーンブルン宮殿を往く!

  • untitled

    オーストリア旅行記:『ザルツブルクⅡ』・モーツァルトの街を訪ねて♪♪

  • image

    チェコ旅行記:『プラハⅡ』・美しい建築物が建ち並ぶ旧市街広場・近代的なヴァーツラフ広場を往く!

  • untitled

    オーストリア旅行記:『ウィーンⅡ』・王宮礼拝堂ミサで聴くウィーン少年合唱団と荘厳なシュテファン大聖堂を往く!

  • untitled

    オーストリア旅行記:『ザルツブルクⅠ』「サウンド・オブ・ミュージック」のロケ地を訪ねて!