1. TOP
  2. 谷川岳一の倉沢の紅葉を目指してトレッキング🍁水墨画のような幻想的な風景に息を呑む!

谷川岳一の倉沢の紅葉を目指してトレッキング🍁水墨画のような幻想的な風景に息を呑む!

964BEC68-A7AE-4F88-B711-098424E827EA

日本百名山・谷川岳一の倉沢へ紅葉を見に行って来ました。

水上駅からバスに乗り、

車窓から見えるのは

陽の光に照らされ

きらきら輝く

黄色や紅に染まる山並み・・・。

七色の虹も、私達を出迎えてくれました。

が、しかし、

谷川岳ロープウェイ駅に着いた途端に、雨がしとしと降り始めました。

山の天気は、一瞬で変わりますね。

一の倉沢までの約1時間、冷たい雨の中、紅葉を愛でながら歩きました。

雨に煙る岩壁と紅葉のコントラストは、とても幻想的!

まるで、水墨画の世界のようです・・・。

 

<スポンサーリンク>

 

「谷川岳・一の倉沢」トレッキングおすすめポイント

圧巻の日本三大岩壁を目の当たりに観れる

谷川岳ロープウェイ駅バス停から一ノ倉沢まで、約3㎞。

アップダウンの少ない道。

往復2時間で行ける。

そそり立つ岩壁と紅葉のコラボは素晴らしい!

東京から日帰りで行ける!

大自然を満喫できる!

今日のアクセス

東京駅から谷川岳ロープ―ウェイ駅まで
♦交通手段:電車&バス
♦所要時間:約3時間

🚄7:08東京駅発(上越新幹線たにがわ471号)⇒8:06高崎駅着⇒🚃8:24高崎駅発(JR上越線)⇒9:30水上駅着
🚌9:57水上駅発(バス)⇒10:17谷川岳ロープ―ウェイ駅着

 

一ノ倉沢へトレッキング

♦歩行距離:往復約6km
♦歩行時間:約2時間
👟10:30谷川岳ロープ―ウェイ土合口駅出発⇒一ノ倉沢までトレッキング⇒11:40一の倉沢着⇒13:00谷川岳ロープ―ウェイ土合口駅着

 


(出典:谷川岳ロープ―ウェイHP)

 


(出典:谷川岳ロープ―ウェイHP)

 

谷川岳ロープ―ウェイ土合口駅でバスを降りると、急に雨が降りはじめました。

水上駅では、青空が広がっていたのに。

やっぱり、山の天気は一瞬で変わる・・・。

29FACF75-31E1-4774-84B0-BB4D6666DCE6

▲谷川岳山岳資料館の前を通り、一ノ倉沢へ出発です。

雨はやみそうにないけど、ここまで来たら行くしかない!

1ECFBEC2-9456-494F-B80B-0F21DB8A2B2C

CE963424-B2A6-4257-BD04-06218B7B1C97

▲冷たい雨に濡れながらも、紅葉した木々があまりにも美しく、感動の連続です・・・!

7C124991-2BF9-4135-8388-BA497900183B

62975439-CD5F-4CF8-8A4D-59D279DE9F7E

6E962135-2E1D-4AF5-95BE-E34DB13431EE

▲マチガ沢の出合まで来ました。

一般の車は通行禁止ですが、電気自動車が走っています。

看板には、マチカ沢の由来が書かれていました。

その昔、マチガ沢の出合には三軒程宿があったらしく、畑や墓跡が残っています。
清水峠をこえて越後から山道を夕暮れ時に疲れて下ってきた人が、このあたりで灯火を目にして「ああ、町が見える」と喜んで発した言葉がマチガ沢の由来といわれています。

491C5863-8962-4EDE-8DF1-2F5D39BA63E5

4371C8EF-20C2-47F3-BB42-79DEFB2A1965

 

<スポンサーリンク>

 

 

D0A632B7-2BCB-413D-84F4-A6CABB80D520

94D54AD9-5280-4536-A8E7-E7A32FDD9424

2062213F-F221-494C-B297-8D94E168344A

964BEC68-A7AE-4F88-B711-098424E827EA

▲とうとう、一ノ倉沢出合までやってきました。

まさに、圧巻です!初めて見る世界や~!

雨に煙る岩壁と紅葉のコントラストは、とても幻想的・・・!

はじめてみる景色は、まるで水墨画の世界・・・!

冷たい雨に打たれながらも、来た甲斐がありました。

 

一ノ倉の由来が書かれた看板もありました。

当地方の方言で岩や岩壁のことを「クラ」と呼んでいますが、この岩場は、世界でも最も登攀の困難な岩壁の一つに数えられ(グレード6級)。
谷川岳の岩場は、剱岳・穂高岳とともに日本三大岩場としてしられており、谷川連峰随一の岩場であるところから「一ノ倉」と名付けられています。

 

雨に濡れ体が冷えてきたので、帰りは足早に谷川岳ロープ―ウェイ土合口駅まで戻りました。

 

谷川岳って?

谷川岳は群馬・新潟の県境にある三国山脈の山である。

日本百名山のひとつ。

周囲の万太郎山・仙ノ倉山・茂倉岳などを総じて谷川連峰という。

谷川岳の頂部は二峰に分かれており、それぞれトマの耳(標高1,963m)オキの耳(標高1,977m)と呼ばれる。

トマの耳には薬師岳、オキの耳には谷川富士の別称がある。

谷川岳は初級者から上級者向までの変化に富む登山コースがある。

危険個所の多さと急激な気候変化が影響し、遭難者の多い山としても知られる。

一ノ倉沢は、剱岳・穂高岳とともに日本三大岩場の一つ。

ロッククライミングの聖地。

 

基本情報・アクセス

谷川岳ロープ―ウェイ公式サイト

 

 

来年の夏に、絶対また谷川岳に来よう~!(^^)!

今夜のお宿は⇒水上温泉 源泉湯の宿 松乃井

温泉が、とっても気持ちよかった~♨♨

つづく

 

<スポンサーリンク>

\ SNSでシェアしよう! /

60代からの冒険大好きハチャメチャ旅行記&人生記の注目記事を受け取ろう

964BEC68-A7AE-4F88-B711-098424E827EA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

60代からの冒険大好きハチャメチャ旅行記&人生記の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

natty

natty

私は、旅大好き・冒険大好きな超アクティブおばちゃんです。
「発見・出会い・刺激」を求めて、全国どこにでも飛んで行きます。
基本はきままな一人旅。時には旅友と一緒に女子旅に出かけたり。
旅に出る方も、また、なかなか出かけられない方も、このブログで一緒に旅を楽しんでいただけたら嬉しいです。

この人が書いた記事

  • E600442D-4B80-4B61-89F8-375C888B31E7

    新宿御苑の秋散歩🍁色づき始めた公園は桜・バラ・菊も色とりどりに咲いています🌹🌸

  • D9BEFF09-FE8F-4E5D-B68A-F599EB1E1A92

    みなかみ町・諏訪峡の紅葉を楽しむ🍁利根川の激流が造り出した渓谷美!

  • F2B1D298-C5A4-45D7-8A26-EC466B3339C7

    錦繍の谷川岳ロープウェイからの眺めは絶景🍁谷川岳の貴重な一瞬の晴れ間!

  • 964BEC68-A7AE-4F88-B711-098424E827EA

    谷川岳一の倉沢の紅葉を目指してトレッキング🍁水墨画のような幻想的な風景に息を呑む!

関連記事

  • D9BEFF09-FE8F-4E5D-B68A-F599EB1E1A92

    みなかみ町・諏訪峡の紅葉を楽しむ🍁利根川の激流が造り出した渓谷美!

  • 6B3F3B49-9069-4D81-A1CD-A8BD6692242D

    60代からの筋トレ!トランポリンエクササイズ!『JUMP ONE 銀座』!

  • 1E15C928-8A46-4B49-93F3-CD1AB35864BB

    東京から和歌山へドライブ!60代おばちゃん二人600kmを攻める🚙

  • img_5094

    60代の女子旅!星野リゾート「奥入瀬渓流ホテル」に宿泊!蔦沼の朝焼け!

  • IMG_7660

    北海道旅行記④!60代女子旅!『タウシュベツ川橋梁』と紅葉の絶景!

  • 8C5725AF-CEB9-4BA9-84D8-569F72B7EFDA

    新名神『宝塚北サービスエリア』で休憩!豪華なトイレにびっくり!