1. TOP
  2. 遥かな尾瀬へハイキング!ミズバショウを愛でる女子ふたり旅!

遥かな尾瀬へハイキング!ミズバショウを愛でる女子ふたり旅!

858B4E1A-A57B-49D8-8DB5-05EBFE1D69C6

憧れの尾瀬ヶ原へ、

念願のミズバショウを愛でる女子ふたり旅。

 

残雪の至仏山や燧ヶ岳、新緑の美しい山々。

静かで雄大な大自然の中を

心地よい爽やかな風を感じながら歩きました。

 

聞こえてくるのは、カッコウやウグイスの鳴き声。

湿原に咲く可憐なミズバショウたち・・・。

「ミズバショウの尾瀬に来た~!(^^)!」

と二人でおおはしゃぎ・・・!

 

今宵は尾瀬小屋で一泊。

夕方、小屋に着く頃は、

人も少なく、

尾瀬の大自然をまるごと貸切気分・・。

携帯電話も繋がらない。

非日常の空間を体感しました。

 

<スポンサーリンク>

 

 

尾瀬って?

尾瀬は、福島県・新潟県・群馬県の3県にまたがる高地にある盆地状の高原です。

本州最大規模の高層湿原
東西約6km、南北約2kmの本州最大の高層湿原。
6000~7000年もの長い年月をかけて湿原がつくりだされた。

尾瀬は標高2000m級の山岳エリア
尾瀬ヶ原、尾瀬沼を囲むように山々がそびえている。
尾瀬ヶ原の東側には東北以北の最高峰である燧ヶ岳、西側のなだらかな山容の至仏山がその代表格。

長い冬が育む豊かな自然
尾瀬は年の半分は雪に閉ざされていて、例年5月半ばごろまで雪が残る。
雪解けとともに春が訪れ、短い夏を謳歌するように山や湿原の花々が咲き乱れる。
9月上旬には草紅葉、10月に入れば冷たい雨が雪に変わっていく。
(参照:ヤマケイ)

今回のハイキングルート

1日目
鳩待峠10:50⇒山の鼻⇒牛首分岐⇒ヨッピ吊橋⇒東電小屋⇒見晴15:40 尾瀬小屋泊

2日目
見晴7:00⇒竜宮⇒牛首分岐⇒山の鼻⇒鳩待峠11:30
鳩待峠までのアクセス
新幹線+バス+シャトルバス
東京駅→上毛高原駅→関越バス→戸倉→シャトルバス→鳩待峠
関越バス 2時間 2450円
シャトルバス 25分 980円

 

尾瀬のアルバム

6E97DE9B-BFEB-460F-BD34-5A439BDED877

▲鳩待峠にある国立公園尾瀬の看板

尾瀬ヶ原への入口にあります。

A0FA662B-C594-4957-B6EA-D56AB7033FE5

▲鳩待峠から尾瀬ヶ原までは樹林帯の中の木道を1時間ほど歩きます。

ミズバショウが咲いています♪~♪~

99B2FCC1-3C1C-4EAE-B66F-125E394B8A25

▲湿原のスタート地点「山の鼻」です。

81412C63-10C4-46C0-A444-211377E0FA7F

▲湿原に入るとそこは別世界。

前方には残雪の燧ケ岳。

どこまでも続く木道。

D0884908-684F-4D97-9D4F-833361A207DC

▲振り向けば、残雪の至仏山。

B6F64318-BFBB-41FF-AB45-638BAA003821

DED1A54B-DA83-40EC-8831-9513A01B03D1

▲ミズバショウも楽しげに咲いています♪~♪~(2019.5.22現在)

6302B25A-179B-4FFE-A66A-615B7E4BD4EA

▲周囲の山々の新緑が眩しい~

3DE0B3FD-C82D-4F9B-AB7C-234100DE52D6

▲次回は燧ケ岳に登ってみたい!(^^)!

6D79B30F-9003-4351-82FE-754AEE9BC9A4

▲ヨッピ吊橋

 

<スポンサーリンク>

 

 

E3080812-6A00-4389-8A1C-C62AC6D621C9

▲東電小屋

B6883D5E-A1B8-46CD-9CB6-B87FDA27C166

F0B3EF1F-55BD-4C7A-8227-42181191C172

67166C69-B425-4078-8760-200EE9DB1522

▲東電小屋から見晴までの風景

7112B78A-F8EF-4ADB-9E0F-623929D04327

▲見晴にある尾瀬小屋で宿泊

夜の寒さに震え、思わず布団にもぐり込み眠ってしまった。

満天の星を楽しみにしていたのに残念・・・。

6B596F27-67C2-425F-850D-688BF4B749D6

▲2日目も絶好のハイキング日和!

至仏山に向かって、果てしなく続く木道を歩きます。

F7541F6F-4DE2-4065-BA03-4B0A8DCCDD05

▲竜宮小屋

18829C4D-16C6-44EC-823D-68C839A84E12

▲池塘に映る逆さ至仏山

 

尾瀬へのアクセス

 

尾瀬へのアクセスは⇒こちらを参照

 

今日のひとこと

散策の途中、毎年この時期、尾瀬に来ているという方に出会いました。
今年は、去年よりもミズバショウが綺麗に咲いているとのこと。
しかし、10年前に比べれば、随分少なくなったようです。
それは、鹿に食べられてしまったためとか。
今朝も、荒らされた残骸が残っていました。

はじめての尾瀬ヶ原。
イメージしていたより、遥かに雄大な別世界でした。
何度でも足を運んでみたくなりました。
春はミズバショウ、夏はニッコウキスゲ、秋は草紅葉・・・。
至仏山や燧ケ岳にも登ってみた~い。

遥かな尾瀬へまた来るね~♪~♪

 

<スポンサーリンク>

\ SNSでシェアしよう! /

60代からの冒険大好きハチャメチャ旅行記の注目記事を受け取ろう

858B4E1A-A57B-49D8-8DB5-05EBFE1D69C6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

60代からの冒険大好きハチャメチャ旅行記の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

natty

natty

私は、旅大好き・冒険大好きな超アクティブおばちゃんです。
「発見・出会い・刺激」を求めて、全国どこにでも飛んで行きます。
基本はきままな一人旅。時には旅友と一緒に女子旅に出かけたり。
旅に出る方も、また、なかなか出かけられない方も、このブログで一緒に旅を楽しんでいただけたら嬉しいです。

この人が書いた記事

  • 858B4E1A-A57B-49D8-8DB5-05EBFE1D69C6

    遥かな尾瀬へハイキング!ミズバショウを愛でる女子ふたり旅!

  • D7CBC2BE-5EFD-4F64-8053-D594B235F548

    大和葛城山へトレッキング!山全体がツツジで真っ赤に染まっています!

  • 5A3EDF89-FA7C-4409-97A6-985C2046B9BA

    日本百名山「大峰山(八経ヶ岳)」へトレッキング!世界遺産「大峯奥駈道」は険しい修験道の山々!

  • 8B194EF4-4B61-40DD-854C-606AC1C99F78

    上高地のケショウヤナギは赤く色づいています・・。(4月下旬の上高地)

関連記事

  • 048AB5CA-7F07-4BD1-8C5C-E6C894219391

    流れるカーテン「鍋ヶ滝」へ母娘二人旅!マイナスイオンたっぷりの優しい滝!

  • D542457E-E426-4C6D-9FFE-3909BAC9DD7D

    60代からの筋トレ!jump one 銀座!トランポリンで『笑顔の効用』を体感!

  • 001CA8CF-1087-4064-8277-15391F8465F1

    難攻不落の千早城へ!堅牢な山城を来て見て体感!最後の紅葉美に感動!

  • 4690AF1D-095B-42FC-8F8F-758891A51B92

    フラワーフェスタ『風車のひまわりガーデン』へ行ってきました🌻来週が見頃です🌻

  • 1AACEC3D-F26B-4FF4-AD16-50B0166AB130

    国営昭和記念公園のシャーレーポピーが満開です(2019.5.17現在)

  • 223A4302-2D8D-4962-8BDE-3284C43A90F4

    暗闇トランポリン(JUMP ONE)を続けて1年3ヶ月!確実に効果があらわれた!