1. TOP
  2. 「国営昭和記念公園」園内をパークトレインで周遊!「こもれびの里」・「盆栽苑」を散策!

「国営昭和記念公園」園内をパークトレインで周遊!「こもれびの里」・「盆栽苑」を散策!

2017/08/27 公園 散歩
1,292 Views
IMG_5793

真夏の「国営昭和記念公園」を訪れました。
園内を走っているパークトレインで移動。
今日は、「こもれびの里」・「日本庭園」・「こどもの森」で下車して散策。
「こもれびの里」では、きれいな蓮の花が咲き、ウリやナス・アワ・ヒエなどが栽培されていました。
「日本庭園」には、わが国初の国営の「盆栽苑」がありました。
訪れる度に、新たな発見のある広大な公園です。

 

<スポンサーリンク>

 

 

「こもれびの里」

IMG_5730

こもれびの里は、水田や丘陵畑、農家と屋敷林など、昭和30年代の武蔵野の原風景やそこでの暮らしを再現しています。また、「昭和・武蔵野・農業」をテーマに単に昔の風景を垣間見ることではなく、暮らしの中で培われてきた知恵を再発見し、継承していくことを目的としています。
市民参加により整備・運営が行われ、農作業や年中行事など様々な体験を通じて、 自然と暮らしの知恵を伝えていく活動をしています。

IMG_5742

IMG_5748

IMG_5734

IMG_5738

IMG_5789

IMG_5753

IMG_5754

IMG_5759

IMG_5766

IMG_5750

IMG_5770

IMG_5773

IMG_5775

IMG_5777

IMG_5779

IMG_5781

 

「盆栽苑」

盆栽苑

我が国初の国営盆栽苑

平成16年11月3日(文化の日)、当公園の日本庭園内に、わが国では初の国営盆栽展示施設となる盆栽苑がオープンしました。盆栽苑は歴史と伝統ある国風盆栽展クラスの盆栽を中心に鑑賞することができる施設です。特に学習ゾーンでは、盆栽が作られていく過程を初心者の方にも分かりやすく解説するなど、幅広い年齢層の方が楽しめます。

展示盆栽について

展示される盆栽は、(社)日本盆栽協会の協力を得て全国各地の愛好家の皆様から寄贈いただいた国風盆栽展クラスの名品盆栽61鉢が中心となります。通常は苑内で四季にあわせた盆栽の展示を行い、また企画展などでは日本庭園内の芝生広場や歓楓亭を活用した大規模な展示も行います。

地図

盆栽のつくり

 

盆栽のつくり

盆栽のつくりは、おもに上の図のとおりとなります。

盆栽は自然を愛する日本人の優しい心に育まれてきた日本古来の伝統文化です。
また盆栽は植物の成長とともに楽しむ、完成のない『生きた芸術』と呼ばれています。
盆栽苑では、芸術作品としても優れた盆栽を鑑賞していただくと同時に、若木が盆栽へと成長して行く過程をごらんいただけます。
盆栽の楽しみ方は人それぞれですが、ひとつひとつの盆栽に大きな自然の景色の広がりを感じていただけると幸いです。

盆栽の三要素

盆栽を鑑賞する上では、「盆栽の三要素」と呼ばれる重要なポイントがあります。

①根張り
盆栽の根が四方八方に張り出して、安定感と力強さがあること。

②幹
立ち上がりが素直で、上に行くほど自然に細くなっていくこと。

③枝配り
幹から出ている枝の太さや間隔がバランスよく配置されていること。

これらの要素を兼ね備えたものが理想的とされています。しかし、たとえ一つが欠けていたとしても、長所を伸ばしてやることで優れた盆栽とすることができます。それが「生きた芸術」と呼ばれる所以でもあります。

樹形のいろいろ

株立ち(かぶだち)
根元から5本以上の「幹」が立ち上がったたものが特長です。

株立ち(かぶだち)

直幹(ちょっかん)
立礼席「紅彩」。本瓦張りの土間で、靴を履いたまま点前を楽しむことができます。

直幹(ちょっかん)

寄せ植え(よせうえ)
複数の木を一緒に植え、森や林の風景を表現したものです。

寄せ植え(よせうえ)

模様木(もようぎ)
屈曲した「幹」と「枝」のバランスが取れていることが特長です。

模様木(もようぎ)

懸崖(けんがい)
崖からのりだした木の姿を表現したものです

懸崖(けんがい)

石付き(いしつき)
石に木を付けて、自然の景観を表現したものです

石付き(いしつき)

文人木(ぶんじんぎ)
変化に富んだ「細い幹」が特長です。

文人木(ぶんじんぎ)

 

展示作品

IMG_5677

IMG_5678

IMG_5694

IMG_5688

IMG_5695

IMG_5711

「国営昭和記念公園」情報・アクセス

【住所】
〒190-0014 東京都立川市緑町3173

【TEL】
042-528-1751(公園管理センター・自動応答)

【営業案内】
3月1日~10月31日 9:30~17:00
11月1日~2月末日 9:30~16:30
※時期によって変動あり
年末年始(12月31日・1月1日)及び2月の第4月曜日とその翌日

【料金】
●入園料
一般 大人(15歳以上) 410円
小人(小・中学生)  80円
シルバー (65歳以上) 210円

※ 小学生未満のお子様は無料。
※ 団体は有料入園者の方、小学生以上の方20人以上から。
※ 障害者手帳、療育手帳、または精神障害者福祉手帳の交付を受けている方は、手帳提示により本人及びその付添人1名について入園料および駐車料が免除。
※ シルバー料金につきましては、年齢の証明となるもの(運転免許証・健康保険証など)を持参。

●駐車場あり普通車820円

【アクセス】
JR中央線立川駅から徒歩約15分
JR青梅線西立川駅から徒歩約2分
多摩都市モノレール立川北駅から徒歩約13分
西武拝島線武蔵砂川駅から徒歩約20分

国営昭和記念公園公式サイト

 

<スポンサーリンク>

\ SNSでシェアしよう! /

60代からのハチャメチャ旅行記の注目記事を受け取ろう

IMG_5793

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

60代からのハチャメチャ旅行記の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

natty

natty

私は、旅大好き・冒険大好きな超アクティブおばちゃんです。
「発見・出会い・刺激」を求めて、全国どこにでも飛んで行きます。
基本はきままな一人旅。時には旅友と一緒に女子旅に出かけたり。
旅に出る方も、また、なかなか出かけられない方も、このブログで一緒に旅を楽しんでいただけたら嬉しいです。

この人が書いた記事

  • 1980E9EB-4C36-4FD0-BAD2-72C0AC6D1C1E

    大横川の桜並木が満開です!門前仲町から木場まで続く遊歩道を散歩!

  • 13E396A0-8155-4E57-8DE6-FCA702DA5207

    隅田川テラスの桜は満開です!佃公園・石川島公園・越中島公園を散歩!

  • 1BF9A04B-A424-4653-B19D-D8EC4A2BD27A

    豊洲公園は春爛漫!青空の下満開の桜を愛でひとり散歩!

  • 68710CE4-3D0C-438F-938D-BB8879E2A91D

    金融の街・日本橋兜町にある「兜神社」へ!証券取引のパワースポット!

関連記事

  • 755677AC-AA27-467E-B1AF-58D8B12FF0B9

    薩摩の小京都「知覧武家屋敷群」へ!江戸時代の美しい町並みを体感!女子旅~鹿児島編~

  • img_3428

    六義園の紅葉を観に行く!和歌の浦に想いを馳せ日本庭園を散策!

  • 8D697D0C-2DB4-47D2-8560-86948470F09A

    湯浅町は醤油発祥の地!風情ある町並みを散策!名物「かどや食堂」のしらす丼は絶品!

  • 68710CE4-3D0C-438F-938D-BB8879E2A91D

    金融の街・日本橋兜町にある「兜神社」へ!証券取引のパワースポット!

  • 3AB55D56-FE6C-4888-B716-0B5CBF5841D6

    有馬温泉をサクッと散歩!みつめあえない「ねね像」と「太閤秀吉像」を見た!

  • IMG_9865

    日本三大桜『三春の滝桜』は満開!花びらが滝のように流れています🌸